入居者に聞く!ココが良かった点は?

部屋が思ってたよりも広かった

賃貸物件を借りる時に一番困るのが部屋の広さではないでしょうか。自分が希望するだけの広さがない、もしくは希望する物件が見つからないなどということはよくあります。しかしもし自分が希望する物件を見つけていざ入居してみると良く分かりますが、部屋が広いということほどありがたいことはありません。 部屋が広いということは自分が持っていこうと考えている荷物の大半を持っていけるということでもありますし、好きなようにインテリアを置くこともできるようになります。部屋に余裕があれば収納なども好きなように配置できますし、友人や親が遊びに来ても余裕で案内することが出来るようになります。狭い部屋だとどうしてもバタバタしてしまったり長居が出来ないということもあるかもしれません。ですので、部屋を探すときはちょっと広すぎるかなと感じるぐらいが余裕があって丁度いいぐらいになる可能性が考えられるのです。自分が持っていきたい荷物の量と相談して間取りを考えるようにしましょう。

日光が良く入るところにしよう

賃貸物件を借りる時に気になることの一つに日光の入り具合ではないでしょうか。日光があまり入らないところですと、洗濯物は乾かないし身体もだるくなってしまいやる気がなくなってしまったりと良いことが起こらない傾向にあります。しかし朝から沢山の日光を浴びることが出来る賃貸物件の場合はどうでしょうか。体内時計が狂うこともありませんし、身体も順調に動くようになるでしょう。 そして何と言っても昼間の証明が必要にならないので電気代が確実に浮きます。特に専業主婦や自宅で仕事をしている方にはかなり必要な条件になってくるでしょう。周囲に大きなマンションがあまり建っていない所を探すことによって好条件のマンションを借りることが出来るようになります。 賃貸物件に入居すれば、よかったと感じる所やこれは困るという所も出てくるとは思いますが、できるだけ借りてよかったと感じられるところを探し出すようにすれば快適なマンションライフを過ごすことが出来るようになります。

« 1 2 3 4 5 6 »